肌のたるみ 原因



肌のたるみの原因

どのようなことが原因で、肌のたるみは起こるのでしょうか。明らかな若い肌との違いを感じるのは、しみ、しわ、そしてたるみではないでしょうか。

 

老けたなと鏡を見て感じるのは、一番たるみを自覚したときに多いと言われているようです。たるみの原因は一般的に大きく分けて2つあり、皮膚の老化現象と筋肉の老化現象に分けられます。

 

肌の水分不足がその最大の原因なのが、特に皮膚の老化現象です。肌の老化現象を遅らせることが、毎日のスキンケアで十分に水分を補給し、一定の水分量を常に保つことで可能となります。

 

もっと深いところから来るたるみには、化粧水や乳液といった化粧品では肌の表面にだけしか作用せず、対応はなかなかできません。肌表面の弾力やハリを支えているのは、エラスチンやコラーゲンといった真皮層の成分です。コラーゲンなどの成分を多く含んだ化粧品を選んだり、食事にも気を使うようにしましょう。

 

もうひとつの大きなたるみの原因は、筋肉の衰えだそうです。筋肉は真皮層に直接くっついており、顔にはたくさんの表情筋と呼ばれる筋肉があるようです。皮膚の土台となっているのが顔の筋肉なので、肌も土台である筋肉が衰えると徐々にたるんでしまいます。顔には一定の脂肪がついていますが、加齢とともに脂肪の量も減少するのでそれが肌のたるみやしわの原因にもなっています。